電話加入権なしでも使える電話サービスを検討しよう

通信費を節約できる

スマホ

MVNOは近年増加している新興の通信事業体です。総務省が通信業界への規制を緩和してことにより、大手通信会社以外の会社も通信事業を営むことができるようになりました。これまでの大手通信会社との大きな違いは大きなコストが必要な通信回線インフラを所有しているかどうかになります。大手通信会社はたくさんのコストを払って、通信網を広げ、維持しています。しかし、MVNOは自社で通信回線を持つのではなく、大手通信会社からレンタルすることで通信事業を行なっているのです。こういった仕組みであることから、MVNOは設備コスト負担が軽くてすみます。さらには、大手通信会社が各地に設置しているような専門ショップも開設していないため、従業員などの人件費もおさえています。つまり、MVNOはコストをおさえる代わりに通信料金をギリギリまで安くするというサービスを提供しているのです。大手に比べて相談窓口が少ない点は注意しなければいけませんが、ネットなどを使って自分で調べてある程度の問題は解決できるという人は、MVNOに乗り換えると大きく毎月の通信料金を節約することが可能になります。選ぶMVNOにもよりますが、月1000円以内におさえて年間で50000円以上の節約効果を発揮することもあります。節約を考えている人にとっては検討するべきサービスであるといえるでしょう。しかし、MVNOに乗り換える際には注意することもあります。MVNOのサービスは回線をレンタルして運営しているため、回線数に限りがあり、アクセスが増加しすぎると速度が落ちることもありえます。しかし、MVNO各社とも技術的な対策を施しているため、速度が落ちる局面でもスピードダウンを感じることがほとんどないというのが現状です。安心して使えるサービスだといえます。